文字サイズ
注目のキーワード:

犬と人間との長い絆の軌跡。ドッグトレーナーになるには

アドバイザーアイコン
職種: その他
 今ではすっかり人間社会に溶け込み、家族の一員とまで見なされている犬だが、犬と人間との長い絆の歴史の始まりは約40万年前から15万年前の旧石器時代にまで遡ると言われている。元々犬の祖先であるオオカミがどの時点で犬へと進化したかは詳しくは分かっていないが、少なくとも 約1万2000年前~3万5000年前の遺跡においては、人間の居住跡や洞窟の中から犬の骨が見つかったり、人間と一緒に墓に埋葬されているのが発見されているため、この時期までにはオオカミは犬へと進化し、人間と共に生活し始めたことが伺える。

 元々、犬とは人間が狩りにいく時にパートナーとして連れていくため家畜として飼われていた。そのため、朝昼晩と生活を共にし徐々に犬の存在は人間にとって家畜から仲間へと変わっていった。
 
 犬を家畜、言い換えれば、飼育することは今ではドッグトレーナーという仕事として世界で認知されている。ドッグトレーナーとは飼い主から依頼を受け、犬にトイレ、散歩、留守番などのしつけをし、犬が人間社会で、人間と楽しく暮らせるようにする仕事である。子犬ならば、トイレ、食事、散歩などの基本的なしつけをし、成犬ならば、どんな問題を抱えているかを判断し、改善策を見つけ教育する。またトレーナーは、トレーニングが終わった後も飼い主が犬とその後上手くやっていけるようにアドバイスもするのである。このようにドッグトレーナーは自分で「犬をしつけること」と、「飼い主が上手に犬をしつけることができるようにアドバイスすること」この2つの役割を持っている。
 
 さて、それではドッグトレーナーになるにはどうしたら良いのか。現時点では、一般的な、飼い主からの依頼を受託するようなドッグトレーナーになるには必ずしも資格が必要というわけではない。しかし、家族の一員である犬を預ける飼い主側の気持ちを考えれば、資格を持っていた方が、仕事に信頼性が増し、依頼も多いであろう。一方で、警察犬や盲導犬といった、いわゆる使役犬に対して特殊な訓練をする、専門性の高いドッグトレーナーは「日本ドッグトレーナー協会」が認める「ドッグトレーナーライセンス」といわれる民間資格や、警察犬の場合であれば「日本警察犬協会」の資格が必要となってくる。
 
 一般的なドッグトレーナーになるには資格は必ずしも必要ではないが、プロとしてドッグトレーナー一本で生計を立てていくのであれば、やはり技術や知識を証明する資格は相当な強みになる。一般的なドッグトレーナーの資格として主に2つ種類がある。まずは、「日本ドッグトレーナー協会」が出す「ドッグトレーナーライセンス」という民間資格である。これにはA級からD級までがあり、A級にいくにつれ難易度も上がり、かつ、資格としての強さも増す。ドックトレーナーライセンスを取得するには、協会の認定校である「ドックトレーナーカレッジ(東京都港区)」で学ぶ必要がある。しかし、D級のみ通信教育でも取得することが可能であるが、通信教育の場合、犬に関する知識を教材やDVDを見て学ぶため、犬を実際に訓練する体験ができないのがデメリットである。実践的な教育を受けたい場合は、学校に通う必要がある。そして、もう一つ世界基準の「CPDT」という資格がある。日本ペットドックトレーナーズ協会(CCPDT)が認定する「CPDT」は日本で唯一の世界基準のドックトレーナーの資格である。取得方法として、資格試験を受けるためには300時間以上のドックトレーニング経験を積むとともに、獣医、お客様、他のドックトレーナーからの推薦状を提出する必要がある。
 
 給料面では、平均、月18万~25万円程度、年収では約300万~400万円程度である。地域や企業の方針によって平均より低い場合もある。ただし、ドッグトレーナーは独立しやすい職業であり、今、ペットブームは堅調に推移していて、今後市場が拡大すれば、ドッグトレーナーの待遇もより良くなるかもしれない。
 
 最後に、ドッグトレーナーは知識や資格だけではなく、精神的な強さも求められる職業である。ドッグトレーナーは一日の大半を犬と過ごし、また、多種多様な犬種とも関わるため、どの犬に対しても平等に接しなければならない。そして時には厳しく接することも必要になってくる。
 
 犬とは、この長い人類の歴史の中で、歩みを共にしてきた旧友である。種別が違えども、言葉が通じなくとも、お互いの感情を分かりあっているのである。人間社会が急激に変化し、進化していく中、イヌがはみ出さないようにヒトが助け、また時には、イヌがヒトを助け、肩を寄せ合い、ここから続く長い生命の歴史を歩んで行けばいいのではないだろうか。

関連記事