文字サイズ

「知的財産権」特許・実用新案、意匠、商標を分かりやすく解説!

アドバイザーアイコン
職種: その他
知的財産権制度とは
人が生み出したアイディアや技術、商品などは無形のもの、有形のもの含めて人の財産であると認められています。その中で知識や経験など、形に残らないものの事を「知的財産」と呼びます。また、「無体財産」とも呼ばれます。

知識やアイディアというのは、見聞きすることで蓄積されるものですから、その分模倣することが容易いということになります。折角考え出したアイディアが、別の人によってあたかも自分で生み出したように使われてしまっては、創作意欲が失われてしまいますよね。またそれに伴って、産業の発展の衰退にもつながりかねません。

そういった知的財産を守るための法律である、「知的財産権制度」が適用されます。知的財産権制度には、特許・実用新案、意匠、商標があり、今回はこれらの違いについて解説します。



特許権と実用新案権とは
特許は、モノと発明、方法の発明、製造方法の発明に対して適用される保護法です。出願日から数えて20年間が有効になります。
特許法第2条によると、発明とは「自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のもの」と定義されています。

対して実用新案は、「自然法則を利用した技術的思想の創作」と実用新案法第2条により定義されています。しかし、実用新案法の場合、方法の発明は保護対象とはなりません。
例えば実用新案の例を挙げると、レジにあるコインカウンターが挙げられます。あれは、コインの大きさに合わせ溝があり、枚数によってそれぞれの硬貨の金額が一目で分かるようになっています。作る方法としては非常に簡単ですが、今までに無い形状や構造の組み合わせであり、実用新案により保護されました。実用新案は、出願日から10年間保護されます。

意匠権とは
意匠とはデザインに対して保護する権利です。細かく言うと、物の形状、模様、色彩、またそれらの組み合わせによるものを指します。
意匠法第2条によると、「物品の形状、模様若しくは色彩又はこれらの結合であって、視覚を通じて美感を起こさせるもの」というように定義されています。
また意匠は、工業製品など商業利用されるものに対する権利であり、美術品など芸術品に対しては効果がありません。登録日から20年間有効になります。

商標権とは
商標法第2条によると、「人の知覚によつて認識することができるもののうち、文字、図形、記号、立体的形状若しくは色彩又はこれらの結合、音その他政令で定めるもの」と定義されています。例を挙げると、自動販売機でコーヒーが販売されていたとします。しかしそれには何のパッケージも無ければ、どの会社のどんな商品なのかが分かりませんね。ここに商標〔パッケージ〕があることで消費者は、品質、社名、生産者といった情報を得ることが出来ます。また商標の出来栄えによって、消費者の購買意欲にもつながります。登録日から10年間有効です。
商標以外の権利〔特許権・実用新案権、意匠権〕については、保護期間が終了するとその権利は消えてしまいます。これは、発明の方法や技術が独占され続けることによる、産業の停滞を防ぐ意味があります。対して商標は保護期間が終了した場合も再度申請することによって永久的に保護され続けます。これは、その商標によって守られてきた商品ブランドやサービスに影響が出ないようにするためです。

知的財産権についてより詳しい情報をお知りになりたい場合には、登録されているアドバイザーにご質問下さい。またはLessQ事務局にお問い合わせ頂ければ、最適なアドバイザーをご紹介いたします。何なりとお問い合わせをお願い致します。

LessQ事務局

関連記事