文字サイズ

飼い犬と一緒に楽しむドッグダンス

アドバイザーアイコン
職種: その他

皆さんはドッグダンスをご存知でしょうか

ドッグダンスは、ドッグスポーツの一種ですが、フリスビーを使ったディスクやアジリティという障害物競走に比べると、まだほとんど知られていません。
簡単に言うと、音楽に合わせて飼い主さんと飼い犬が一緒になって踊るスポーツです。元々はカナダやイギリスで始まったスポーツとされています。犬の種類によっては向き、不向きや、好き嫌いがあるようですが、ある程度の躾が出来ているワンちゃんなら誰でも楽しめます。観客の前で披露する、競技会も開催されています。犬好きの集まるイベントですので、うまくいかなくても、皆さんが暖かい目で見守ってくれます。ランクも初心者からマスタークラスまであることが多いので、安心です。

■ドッグダンスのメリット
1、 飼い主さんもワンちゃんも、運動不足が解消される
毎日散歩はしているけど、走ったり違う動作をしていないと人も犬も運動不足になってしまいます。ドッグダンスは狭いスペースでも出来て、飼い主さんもい一緒になって出来るので運動不足の解消に効果的です。

2、 心と体の健康に効果がある
いつも慣れた道の散歩や、いつも同じ指示ばかりだとワンちゃんも飽きてしまいます。ですがドッグダンスには普通の躾よりもたくさんの指示があり、ワンちゃんも飼い主さんも、いつも以上に頭を使います。ダンスをすること自体にも、セロトニンというホルモンの分泌を増加させる働きがあります。セロトニンが分泌されることで、認知症の予防に効果があると言われており、心と体の健康にはいいことづくしですね。

3、 信頼関係がより深まる
一番のメリットは、飼い主さんとワンちゃんの信頼関係、絆がより深まることです。飼い主とワンちゃんの絆が出来ていないと、ドッグダンスは成功しません。その代わり、上手くいったときにはきっと始める前よりも深い絆で結ばれているでしょう。

4、 飼い主さんの意識が変わる
3の絆にもつながることですが、いつも同じように指示を出して、ワンちゃんが飽きてきていませんかそして、飼い主さん自身も、初めて出来たときよりも褒め方が雑になってきていませんか人はついつい、初めて出来たときにはたくさん褒めて、なれてきたら、それぐらい当然、という風にしてしまいがちです。ですがワンちゃんは生き物ですから、それでは信頼関係が生まれません。ドッグダンスをすることで、日々新しい動きを覚えていきます。その時には、きっと初めて伏せやお座りが出来たときみたいに褒めてあげることでしょう。ドッグダンスは、飼い主さんにそんな初心に帰る気持ちを思い出させてくれます。

■ドッグダンスの基礎
ここで、一つだけドッグダンスの基礎となる動作を教えます。それは、“アイコンタクト”です。アイコンタクトは、伏せやお座りといった動きがある動作ではありません。飼い主さんが指示したときに、じっと飼い主さんの目を見るというものです。そんなの自然とやっているよと思っていても、意外に呼んだらいつでもアイコンタクトが出来るかというと、上手く出来ていないものです。ドッグダンスでは常にアイコンタクトが出来ないと、ちゃんと飼い主さんの指示を聞くことが出来ませんから、とても大切です。

■ドッグダンスで大切なこと
上述のドッグダンスのメリットでも触れていますが、ドッグダンスをする上で大切なこと、それは飼い主さんとワンちゃんの信頼関係です。ドッグダンスでは、飼い主がこういう動きをして欲しい、と思ったこと、いつもの躾のときよりも テンポよく行っていかなければいけません。ワンちゃん自身が飼い主とその動きをしたい、と楽しみながら行う必要があり、そのためには、ドッグダンス前の日々の躾と信頼関係がとても大切です。

如何でしょうかワンちゃんと何か新しいことをしてみたいとか、躾が単調になってしまっていると思われている方は、お互いの健康にも絆にもつながります。是非、試してみては如何でしょうか犬の躾やドッグダンスについて、より詳しくお知りになりたい方は、LessQ事務局か、登録されているアドバイザーにお気軽にご相談ください。

LessQ事務局

関連記事