文字サイズ

アーユルヴェーダマッサージで使うオイルとマッサージで期待できるデトックス作用とは~体全てがきれいになる!!綺麗になりたい方必見!~

アドバイザーアイコン
職種: 専門・技術サービス業
女性は特に思いますが、誰もが綺麗な身体に憧れますね。そして、手に入れたいと思うはず。そんな方に必見、オイルによるデトックス。何となくは良さそうって思いますが、実際はどのように行っていくのか、その知識がない方は多いのではないでしょうか。

  商品名:SimSimセサミピュアオイル

初めまして!シムシムジャパン代表のMAYOです。私は江戸時代に創業した油屋の末裔なのです。だからこそ、オイルを活用し誰かのためになるものを造ろうと心に強く想ったのです。
現在は、アーユルヴェーダの叡智を学びセサミオイルやハーブ、自然の力を生かした製品の開発を行っております。今後は、セサミオイルやハーブの情報を配信していきたいと思っております。今回はオイルプリングからお話し致しましょう♪
オイルプリングとは、もともとアーユルヴェーダの『ガンドゥーシャ』というオイル治療の名前です。アーユルヴェーダでは体の穴という穴に、セサミオイルを注入し体の中の毒素をデトックスしていきます。住まいも玄関を綺麗にすることで良い運気が流れてくるように、お口という身体の入口を綺麗にすることが健康維持にとても大切なのです。
オイルプリングを毎日の習慣にすることで、口腔内だけでなく、体全体にとても良い影響を与えます。アーユルヴェーダの古典書であるチャラカサンヒターでは『セサミオイルを口に含んでうがいをすると、あごの力、声の力が増し、顔はふくよかに、味覚は優れ、歯と歯茎は強くなり硬いものでも噛むことができる』と書かれています。

実はこのオイルプリングは、6年前に肺がんで他界した父の看病を機に誕生しました。父は一般病棟から緩和ケアに移った頃から、食事が一切とれず、点滴での栄養補給のみになると唾液がでなくなり、舌苔の量が増えてきました。市販の口腔洗浄液を使いましたが、一向に改善されません。そこで、ガンドゥーシャを思い出し、割りばしにコットンを巻きつけてセサミオイルを湿らせ、口腔内に塗布してみました。すると、飲んでも安心なセサミオイルが口腔を唾液のように潤し、口腔内の環境が良くなったのです。父は半年後には亡くなりましたが、緩和ケアに移ったばかりの頃よりも口腔ケアを行うことで、身体の状態が良くなりました。

口は食べるだけでなく、呼吸の入り口でもあります。口腔内の環境を良くすることは、体内の新陳代謝を高め、ホリスティックに自然治癒力を高めてくれることを実感しました。私は、朝起きるとまず舌苔をタングスクレーパーで落とし、オイルプリングをしてから歯磨きをします。オイルは歯周ポケット、歯茎や舌の上などの細かい隙間に入り込み汚れをデトックスしてくれます。歯についた膜のような汚れも次第に取れてくるので、歯の黄ばみ防止にもなります。それと共に、歯茎や頬の内側にセサミオイルが浸透しながら、血行を促進してくれるので、お顔のハリが出てホウレイ線の予防にもなります。オイルを口の中に入れてうがいすると聞くと、最初はびっくりされるのですが、一度試してみると爽やかでとても心地良いことが分ると思います。まだ試していない方は、是非トライしてみて下さい。声をよく使う方には、喉のガラガラうがいもおすすめです。

オイルプリングの活用の裏ワザとしては、お鼻のケアもおすすめです。ヨーロッパのセレブの間では『ナーサルクレンジング』として話題になりつつありますが、元は『ナスヤ』というアーユルヴェーダの治療法の一つなのです。やり方は簡単です。鼻に数滴オイルを入れ、片鼻をおさえながら、口から息をハーッと吐き出します。次第に鼻腔につまった汚れが口からでてくるので、吐き出し最後に水でうがいをします。健康な歯、健康な歯茎、健康な舌。そして、健康な鼻。それらを維持するために、是非オイルプリングの習慣を!


人は必ず老いますが、自分自身の身体のメンテナンスを日課にして、死ぬまで元気に過ごしましょう!!今回はこのあたりで!また次回お会いしましょう。MAYOでした!アーユルボーワン♪(長寿でありますように。スリランカの挨拶)

『株式会社しむら / シムシムジャパン』代表取締役社長 川﨑 雅代

関連記事