文字サイズ

猫を初めて飼うあなたへ 猫のしつけの仕方

アドバイザーアイコン
職種: その他

最近シニア世代の方が猫や犬などのペットを飼う方が急増しています。それは自分の子供が結婚をして家から出てしまったりご主人や奥様に先立たれ寂しかったりが理由であることが多いです。しかし、初めてペットを飼う方が多いこともありしつけの仕方がわからず、間違えたしつけによる結果いう事を聞いてくれなくなってしまう場合も発生してしまう危険性も潜在しています。
今回はよくペットとして飼われている猫のしつけの仕方についてご説明します。


【入ってほしくない場所に入らないようにする】
ペットを飼ている中でこの部屋だけには入ってほしくない部屋があると思います。しかし、猫は人間の言葉を理解することができないため、猫にこの部屋に入ったら危険なのだと記憶付けさせる必要があります。例えば、入ってほしくない部屋の近くに寄ると大きな音がする仕掛けを設置したり猫の嫌いのにおいである柑橘系の芳香剤を置いたりすることによって猫は自分にとって危険な場所なのだと覚え近付かなくなります。

【決まった場所でトイレができるようにする】
猫を飼ったときにトイレセットを用意しセットすると思います。しかし、場合によっては猫がそこでトイレをせずに全然違う場所でしてしまうことがあります。決まった場所でトイレをしてもらうためには、そのトイレをいつもきれいな状態に維持することが必要となります。そのとき注意点があり、トイレの砂を全部変えてしまうと猫は自分のトイレの場所がわからなくなります。そのため、砂を変える時は全部を変えてしまうのではなく、半分ずつ変えるようにしましょう。

【あちらこちらで行う爪とぎをやめさせる】
猫の習性である爪とぎ。しかし、家の柱やソファーなど色々な場所で爪とぎをされると家がボロボロになってしまいます。部屋中でしてしまう爪とぎをやめさせるためには、猫専用の爪とぎ器を用意しましょう。猫によってどんなところで爪とぎを行うのが好きなのか違うため、様子を観察してみて用意するのがベストです。

【夜中にうるさい猫をおとなしくさせる】
猫は元々夜行性のため、夜になるとにゃーにゃ―鳴きだしたり走り回ったりするときがあります。そんな猫をおとなしくさせるためには、自分が寝る前にわざと猫と遊んで疲れさせましょう。ボールや猫じゃらしを使って遊んであげると猫はすぐに疲れて眠りに入ります。


猫だけでなくペットをしつけるためには根気と時間が必要になります。しかし今後数年を一緒に生活するためには最初のしつけが重要となります。しかし、だからといって負担に思わずに一緒に頑張るという気持ちをもってペットと一緒に成長していきましょう。

関連記事