文字サイズ

コンプレックスをうまく活かしてファッションを楽しもう その2

アドバイザーアイコン
職種: その他
前回はコンプレックスに悩む方々のためにファッションを楽しむ方法をご紹介いたしました。今回も引き続きご紹介いたします。


【お尻が大きい方】
女性の中にはお尻の大きさをコンプレックスに感じている方が多いと思います。しかし、お尻を隠すために丈の長いトップスを着てしまうと足が短く見えてしまいます。隠すのではなく、カバーしながらスタイルアップできるファッションを選びましょう。最初にカバーできるものとしてチェックシャツをすすめいたします。チェックシャツは上に着る以外に腰に巻くことによってお尻をカバーすることができます。また、ネイビーやブルー系を選ぶことによって視覚的にスッキリと見せることができます。スカートを履くときはミモレ丈のものを履くとお尻や太ももを自然に隠すことができ、さらに上品に見せてくれます。形は裾がふわっと広がって見えるAラインのスカートがおすすめです。すると、気になるところは隠しながらもウエストや足首など女性らしいところはアピールすることができます。


【ウエストが気になる方】年齢を重ねたり食べ過ぎてしまったりすると、ウエストにメリハリがなくなり、下腹部が出てきてしまいます。そうすると、お腹の肉がパンツの上に乗ってしまったりウエスト部分が目立ってしまったりしてしまいます。そんな方にお勧めなファッションもいくつかあります。

1つ目はベルトです。気になるウエストにベルトを付けることによって、視線をウエストから逸らすことができます。身長が低い方は太いベルトをすると縦の線が分断されて背が低く見えてしまうので、細いベルトを使いましょう。

2つ目は顔周りにデザインアクセントを使ったファッションです。顔周りに印象が強いものを置くことによってウエストから視線を外すことができます。例えば、胸周りに大きなモチーフが入ったものを着たり、スカーフやビジューネックレスを使ったりと上の方に印象が強くなるものを持ってきます。

3つ目はビックシャツです。Tシャツやカッターシャツを着る際に普段より1つ大きいサイズの服を着てみましょう。最近はビックシャツが流行っているので、わざと大きめに作っているものもあります。ビックサイズのシャツを着ることによって、ポッコリをお腹を隠してくれます。その上、女性の華奢さが強調され女性らしさを表現することができます。



【肩幅が広い方】
女性は肩幅が狭く華奢であるというイメージがあるため、生まれつきや運動をしていてなどで肩幅が広い方はガッシリしているように見えがちです。そんな方にはぴったりは服装やタートルネックの服を着てしまうとさらに肩幅が強調されてしまうため、できるだけ避けるようにしましょう。
一方お勧めの服の1つは深めのVネックです。胸元が大きく開くため、鎖骨をきれいに見せることができ、女性らしい華奢さを表現することができます。さらにストライプだと縦のラインが強調され、横に幅広い方が目立たなくなります。2つ目はオフショルダーです。肩をがっつり出すオフショルダーは肩幅を強調させてしまうのではないかと考えている人も多いと思いますが、実はその逆なんです。オフショルダーは鎖骨や首元をスッキリ見せてくれ、また肩の幅広い部分よりも広いので華奢に見せてくれます。ただし、ぴったりとした服は体のラインを強調してしまうので注意してください。コンプレックスは人によって様々だと思います。でも、だからといってファッションをあきらめる必要はありません。



今回ご紹介したもののように服や小物を工夫することによってコンプレックス上手にカバーしながらおしゃれをすることができます。皆様もぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事