文字サイズ

ダイエットにも効果的?紅茶が健康に良いと言われる理由とは?

アドバイザーアイコン
職種: 卸売業,小売業


16世紀の紅茶は薬?

16世紀ごろ、紅茶はヨーロッパに伝わったと言われています。その頃は、まだアフタヌーンティーを楽しむという文化はありませんでした。 

17世紀にイギリスで一般向けの販売が始まったときにも、紅茶の健康効果は広く知られていたそうです。

こうして数世紀にわたって知られている紅茶の効能ですが、一体どんな成分を含んでいるのでしょうか?

代表的な紅茶の健康成分は?

【タンニン】
紅茶のほか、日本茶や中国茶、ワインなどにも含まれている植物由来の成分です。
タンニンという名称は、「革をなめす」という意味の英語「tan」に由来しています。
抗酸化作用や、血液をかたまりにくくする作用が期待されています。
なお、お茶に含まれるタンニンは「カテキン」と呼ばれることもあります。

【カフェイン】
コーヒーに含まれることでもおなじみのカフェイン。
覚醒作用によって、夜眠れなくなるなどのデメリットが知られていますが、疲労回復や新陳代謝を促すといったプラスの効果もあるといわれています。

【テアニン】
紅茶のうまみや甘みのもととなる成分で、アミノ酸の一種です。
上等なお茶に多く含まれていることが多くなっています。
気分をリラックスさせ、睡眠の質を向上させる効果があります。

【カリウム】
筋肉の収縮や弛緩を助け、老廃物の排出を促す作用があります。

これ以外にも、ビタミンB、フッ素、カロテンなど多くの成分を含んでいます。

なんと嬉しいことに、こういった紅茶の成分は、ダイエットにも最適だと言われています。

ダイエットティーとしてもおすすめ!紅茶のダイエット効果は?

ダイエットをするとき、今は糖質制限や食事制限、日々の運動など、どうしても苦しいことが頭に浮かんできますね。ですが、一度始めたダイエットも、苦しいと長続きせず、結局リバウンドの繰り返し、なんて方も多いのではないでしょうか?

出来るだけ負担が少なく、日常生活の中でダイエット効果が期待できる、それが紅茶なのです。

紅茶に含まれるタンニンやカフェインは、脂肪燃焼に効果を発揮すると言われています。運動前の紅茶の摂取は、脂肪の燃焼を助け、エネルギー源となるグリコーゲンよりも消費されるため、非常に効率的にエネルギーを使うことが可能です。

また、カリウムには利尿作用があるため、体内の老廃物の排出や、便秘やお通じの解消にも役立ちます。

今、皆さんの身近ある紅茶ですが、実はこんな「ダイエットティー」としての効果があります。ただし、紅茶を飲むとついついお菓子を食べたくなったり、ミルクや砂糖を加えて糖分をとりすぎてしまうことがあります。また、カフェインを含んでいる紅茶は、飲みすぎにも注意が必要です。

いくらダイエットに良いと言われるからといって、暴飲暴食でついついいつもよりもカロリーを摂りすぎちゃったなんてこともあります。適度に紅茶を楽しむことを心がけましょう。

関連記事