文字サイズ
注目のキーワード:

人材育成は3種類の育成手法のバランスが大切効果的に組み合わせる

アドバイザーアイコン
職種: その他
人材育成の枠組みを理解して、社員の育つ環境を整えましょう。ここでは、人材育成の三大手法をお伝えします。

教育研修方法にはOJT(職場内研修)Off-JT(職場外研修)、そして自己啓発の3種類があります。

1.OJ T(On The Job Training)

OJTは、実際に職場で今日も実施しながら、上司や先輩がマンツーマンで行う教育訓練です。仕事に必要で実践的な内容をダイレクトに教えることができるため、社員の成長を促す根幹となる手法ですが教育する側のスキル不足や誤った考え方があるとは期待通りの育成には結び付きにくいです。特に近年求められている社員の自立を促すような教育となると、個々の知識経験や性格に応じて異なる教え方、気づかせかた、支援の仕方が必要となります。人事はそのような状況に応じたOJTにおける教育方法や考え方について、管理職、リーダーに対する研修などを通じて、十分に支援していく必要があります。

メリット
業務直結指導ができるため、実践力を養うことができる
都度指導により、成長の度合いに応じた計画変更ができる
社内育成のため、外部コストが不要
業務能力だけでなく、社風やルール、社としての仕事の姿勢など、環境育成することができる
デメリット
指導力はOJTリーダーによるところが大きく、差異が出やすい
属人的指導のため、リーダーの考えや行動に大きく影響されやすい
当該業務には通じているが、それ以外の専門領域・理論性の指導は希薄になりやすい

2.Off-JT(Off The Job Training)
一方、Off-JTは、日常の業務と切り離して複数の社員を集め、集中的に実施する教育研修方法(集合研修)です。集合研修は、その受講対象と時期によって、階層別に実施するもの、職能別に実施するもの、経営幹部候補として選抜された社員に実施するものなどがあります。さらに、階層、職種などにかかわらず行う「ビジネススキル研修(語学、ロジカルシンキング、プレゼンテーション、IT関連など)」「テーマ別研修(リーダーシップ、モチベーション、グローバル人材育成など)」や各自のキャリアプランに沿った「キャリア自律研修」といったように、多様な人材の開発や専門能力・スキルの向上に対応していくために、Off-JTで行う研修も多様化しています。
メリット
職場では学べない専門領域・理論の習得ができる
職場環境から離れ、新たな気付きに至りやすい
参加者同士での交流・人脈形成が可能
デメリット
内容や講師など研修の選択が難しい
外部講師の費用が発生
Off-JTの内容と実務連動の企画力が必要
3.自己啓発
自己啓発は社員個人が学習する内容を決めて、自発的に受ける教育研修方法です。業務上必要と判断されるケース、個人のキャリア構築のための資格取得準備のために受講するケースなどがあります。社員が自主的に判断することが原則ですが、実際には選択しやすいよう、企業がいくつかのメニューを設けて、中長期的な視野で個人のキャリア支援のためのプログラムを用意するケースが多いです。
メリット
強化範囲や計画、予算など自分で設定できる
セミナーの参加や読書資格取得など様々な方法を選択できる
自分の出来る時間で行える
デメリット
長続きしない、途中で挫折する可能性がある
一人で取り組むとよりベストな強化範囲から外れる可能性がある(他者のアドバイスがない)

以上、3種類の育成手法について述べましたが、これらを単独ではなく、状況によって、より良く組み合わせることがポイントになります。力を入れるべきポイントを理解することが大切です

関連記事