文字サイズ
ニュースサムネ

2017.12.07  日本経済新聞(221日前)

IT導入支援に富山商議所や福井銀認定 経産省が助成金

続きを読む
アドバイザーアイコン
職種: 情報通信業,専門・技術サービス業,その他

確かに、おっしゃる通り、中小企業ではITシステムの導入が進まないことは多くありますね。

その際に、IT導入支援事業の枠組みはとても役に立つと思います。
この仕組みは、ITシステム導入の支援をもらいながら、ITシステム導入の際に補助金が出るものなので、自社だけでITシステムの導入をするマンパワーが足りない場合は重宝すると思います。

また、基本的には補助金の手続きもITベンダー(システム会社)へ依頼することができるようです。
ただし、ITシステム導入に関しても、補助金の手続きにしても、どこまでをどうやって進めるかはITベンダーによって異なると思いますので、事前に確認することをお勧めいたします。

ただし、このIT導入支援事業は、導入するITシステムが定まっている場合には便利な制度なのですが、「そもそも何を導入した良いのか分からない」「似たツールが沢山あって、いまの会社には何が合うのか検討しきれない」「ITシステムを導入したら良いと聞くが、実際にどう業務が変わるのかイメージできない」ということも多くあるかと思います。

そのような場合には、私どものような自社ツールを持たないITコンサルティング業者までご相談頂ければと思います。
現状把握、IT戦略立案、ITシステム導入に向けたプロジェクト管理等を通じて、いまの貴社に必要なITシステム導入のサポートをさせていただきます。
また、その際に、場合によっては「いまはITシステム導入は必要ない」という判断も下せるのが、正しいITコンサルティングのあり方だと思います。
まずは、お気軽にお問い合わせください。