文字サイズ

ヨガ・体操

ヨガ・体操の相談やコラム、ニュースなど旬な話題や情報をお届けします。ヨガ・体操に関連した無料相談も受付中です!専門のアドバイザーがお答えします。

  • コラムサムネ

    ヨガ・体操

    2017.09.25

    最近はどこの駅前にもスタジオがあるほど認知されているヨガですが、体験したことがない方は何気に多いように思います。そんな体験したことがない方がこれからヨガを始めるときの為に、初めてヨガスタジオに行く際の知っておくと便利なことをご紹介します。
    是非、今後のヨガデビューの為に参考にしていただけたらと思います。



    そもそもヨガって何か知っていますか?
    ヨガとは、サンクスリット語の「ユジュ」という言葉からきています。
    体・心・魂が繋がるための方法としています。もともとは心の動きをコントロールすることで苦しみから解放されることが目的で生まれた修行法です。
    現在では、健康やダイエット、精神のリラックスなどを目的とした様々な種類のヨガが生まれています。

    ■服装
    基本的には動きやすい恰好で問題ないです。Tシャツにジャージといった服装でも大丈夫です。ただ、ヨガはいろんな動きをします。前かがみや足を天井に向けてなど逆立ちに近い動きも種類によってはあります。ですので、Tシャツだけだと背中が見えてしまったり胸元が大きく開いていると中が見えてしまったり、そうなってしまうとヨガに集中できなくなってしまい効果が半減してしまいます。それらを考慮した服装、インナーにタンクトップを着たり、フィット感のあるものでも安心して集中できます。
    ヨガは、呼吸と精神の統一が大事で心を落ち着かせる必要があるため、服装は集中するために意外に重要だったりもします。

    ■持ち物
    場所にもよりますが、必要な備品をレンタルや無料で貸出などもしているスタジオも増えています。ご自身が行くスタジオを良く調べてから準備しましょう。
    基本的な持ち物としては、ヨガマット、マットの大きさに合うバスタオル、水分補給用のお水、ウェア、これらがあれば問題ないでしょう。
    シャワールームがあるスタジオでしたら、それ用にバスセットなどを用意しても良いです。

    ■注意点
    ヨガは心を落ち着かせる目的としても、ポーズによっては体内にかなりの負担をかけたりします。ですので、ヨガ開始2時間~3時間前までに食事を済ませるようにしましょう。また、消化の良いものをとるようにしてください。
    妊娠している方は、通常16週目からといわれておりますが念のため医師の判断に従いましょう。
    体調にも気を付けてください。すぐれない日は避けるようにしてください。
    そして、初めてのかたは簡単なポーズだけにして無理は厳禁です。呼吸が非常に重要になりますので、常に呼吸には意識を向けておくと良いです。


    いかがでしたか?初めてのヨガとなると、いろいろと注意点はありますが、一番は楽しむことです。まずは、無理にないように自分のペースでゆっくり試してみることです。体や精神的にもリフレッシュができ健康に繋がっていきますので、興味があるかたは是非体験してみてください。

  • コラムサムネ

    ヨガ・体操

    2017.09.21


    この現代において、ストレスがなく生活が出来てる人はどれくらいいるのでしょか。 学校、職場、家庭、など様々な場所でその原因となるものが存在しています。アンケート調査などで良く出ている数字というのも半数以上がストレスを感じている、しかもその度合いが50%以上がほとんどというぐらいです。それほど今の日本はストレスを感じる社会となってしまったということです。
    しかし、ストレスというのは放っておくととんでもない悪影響を及ぼします。最悪な事態は、重い病気にまで発展します。そうなってからでは改善するのにも相当時間と労力が必要になってしまいます。
    だからこそ、日々のストレスを常日頃から解消していかないといけません。きっと、ほとんどの方が、何かしらのストレス解消を行っているかと思いますが、今回はそんなストレス解消法をいくつかご紹介したいと思います。
    ストレスを溜め続けているだけの人は、是非参考にして試してみてください。 

     

    ■質の良い睡眠
    やはり、ストレス解消といえばこれですね。睡眠です。お医者さんですら一番効果的な解消法と言っているぐらいです。
    睡眠をとることで乱れた自律神経を正常に戻してくれます。ただ、ここで勘違いしないでほしいのは、あくまで質の良い睡眠です。つまり、正しい睡眠時間をとることです。
    以前、マーケティング会社が実施したアンケート調査でストレスを感じている人の睡眠時間というのが6時間未満でした。ストレスを感じてないという人は6時間以上という結果が出ていました。できるだけ、6時間~8時間の睡眠をとるように心がけましょう。
    仕事や付き合いなどでそれ以下になってしまうこともあるかと思いますが、質の良い睡眠を是非、取れる状態にしてください。 

     

    ■運動(体を動かす)
    体を動かして汗をかきましょう。これも睡眠と同じぐらいストレス解消には効果的かと思います。ジョギングや水泳、球技や筋トレ、ヨガなど運動といえどいろいろありますが、中でも効果的と言われているのが、ダンスです。
    ダンスをしている人には、ストレスで悩んでいる人は少ないと言われています。ダイエット効果もあり、健康にもいいです。経験がない方は、初めは抵抗があるかもしれませんが、本格的にやるわけではなく、ポップな音楽に合わせて少し手足などを動かすぐらいでも十分効果はあります。是非、一度試してみてください。 

     

    ■大きな声を出す
    ストレスを感じているときほど、声は小さくなりがちです。そんな時に、大声を出して全て吐き出してしまいましょう。
    声を出すことで様々な効果が期待されます。リラックス効果や血行の改善など、とにかく思いっきり声をだすことです。手っ取り早いのはカラオケですね。他には車の中で、山で、など、どこでもいいので大声をだしてストレスごと吐き出してしまいましょう。

     

     

    ■お風呂にゆっくり

    お風呂もまたおススメです。当たり前のことですが、リラックス効果があり疲れも取れます。熱いお湯に短時間はいる、ということでもいいのですが、より効果的なのはぬるめのお湯で半身浴をすることです。汗を大量にかきますので、健康にもなります。
    半身浴をしながら、本や映画や音楽などを楽しむと効果も倍増するでしょう。
     

    以上4つご紹介しました。え、これだけ?と思われるかもしれませんが、よく考えてください。上記4点の解消法は誰でもすぐに気軽に始めることができますよね。
    もちろん人によっては他にも、買い物や食事、お酒、ドライブ、読書などいろいろあると思います。それでも、より効果が高いのは上記の方法であって、誰でもその効果を感じることができると思います。
     

    ストレスを感じる原因は人それぞれですし、解消する方法も人それぞれですね。
    是非、いろいろと試して自分に合った解消法を見つけてください。
    決して、ストレスは溜めないようにしましょう。

  • 新着相談

    「ヨガ・体操」カテゴリで

    積極的に活動しているアドバイザー

    美容・健康

    アドバイザー登録数:
    28
    無料相談件数:
    143
    コラム登録件数:
    46
    おすすめアドバイザー
    • アドバイザーアイコン

      ヨガ、アーユルヴェーダをコンセプトにコスメ、ナチュラルフードなど美容雑貨の輸出入

      • アーユルヴェーダ