文字サイズ

第7章 プロジェクト管理の重要性と関連文書の作成方法③

アドバイザーアイコン
職種: 情報通信業,専門・技術サービス業,その他
こんにちは、渡辺事務所代表の渡辺達文です。

前回は、プロジェクトの立ち上げから終結までの管理手法について概要を説明し、ウォーミングアップとしてワークをしていただきました。

今回は、実際の現場での管理手法を学んでいきます。

SOW、WBS、ガントチャートの作成

プロジェクト管理の手法としては、SOW、WBS、ガントチャートというものが存在します。これらの用語と定義を下表に示します。


※実際には、他にも色々なツールがありますが、今日はこれだけ覚えてください。

SOW(ステートメント・オブ・ワーク)作業範囲記述書

SOWとは、和名の示す通り、作業範囲を示したものです。
IT業界ではよく長時間労働が問題視されていますが、これは、作業範囲(スコープ)が徐々に膨れ上がること(スコープ・クリープ)によって引き起こされています。
SOWでは、「やること」と「やらないこと」を明確にし、作業範囲があいまいにならないようにします。

さらに、SOWでは作業範囲以外にも、プロジェクト管理に必要な様々な項目を規定します。SOWで規定される項目は、例えば以下の様なものがあります。

プロジェクト名/目標(ゴール)/内容・要求仕様/制約条件/既知のリスク/成果物・納品物の定義/成功基準/依存関係/納入時期/作業のプロセス/概要スケジュール/プロジェクト組織・役割分担/責任と権限/報告ルート/コミュニケーション指針/受け入れ基準

上記の一覧はSOWを書く際に考慮した方が良いと思われるものです。なので、全ての項目を埋める必要はありませんが、できる範囲で記載できた方が望ましいです。
修学旅行のSOW

いきなり情報システムのSOWを理解するのは難しいと思うので、「修学旅行」を題材にした例を簡単に書いてみました。


WBS(ワークブレイクダウンストラクチャ)作業計画/作業分割構成について

修学旅行という例でしたが、SOWについて、なんとなくのイメージはつかめたでしょうか

次は、WBSについて考えます。

プロジェクトに限らず、構成要素が多く、規模の大きいものの全体を把握し、全体をコントロールしようとするとき、一般的に構成要素を体系化する手法をとります。例えば、文書の「章」「節」「項」や会社の「部」「課」「係」がこれに該当します。両者ともツリー構造に体系化されていますね。


このWBSを作る時のルールとして「100%ルール」というものがあります。子の要素がすべて合わさって親の要素ができるようにしなければなりません。ブレイクダウンするときのコツとしては「もれなく」「ダブリなく」やることです。なお、WBSでは「その他」という項目を作れません。必ず何かしらの名前を付けてください。

また、WBSで子を洗い出せたら、番号を付けると管理がしやすいです。


ガントチャートについて

WBSを作成したらそのWBSを元にスケジュール表を作成することができます。下図のようなスケジュール表を通称「ガントチャート」と呼びます。やることや担当者の割振りがあり、予定通りに仕事が進んでいるか確認します。(この修学旅行の例は適当です。実際修学旅行の計画を立てる人は参考にしないでください笑)



※印刷の関係であえて横向きにしています。

【課題701】プロジェクト管理文書作成ワーク
今日はExcelを使ったワークを行います。

「修学旅行プロジェクト」のWBSとガントチャートを作成してください。はじめてで難しい方は、前のページのガントチャートを見ながらWBSとガントチャートを作ってみてください。

作成ルールは以下の通りです。
<WBSとガントチャート共通>
? 1つのエクセルの中にWBSとガントチャートを両方作ってください

関連記事