文字サイズ

クレイセラピーを通して地球を考える

アドバイザーアイコン
職種: 生活関連サービス業,その他サービス業

私たちの住む地球は多くの生き物が連鎖して生命を保持している。この命を司るのが地球である。人は文明を生み、心を豊かにしてきた。

しかし、その文明はいつの日からかこの大事な地球を侵すまでの環境破壊を生み出してしまった。ストレスやアレルギーなども多く、生きづらい世の中になったことを感じる。

 

 私たち人間はいったいどこから生まれ、どこへ還るのか。それは大地であり、地球なのだ。私たちの足元にある土へと還るのである。土は植物を育て植物は生物を育て、生物は土へと還る。土にはクレイがある。母なる大地クレイ(粘土)がある。


あなたはクレイ(粘土)と聞いてどんなことを想像するだろう。子どもの頃、図工の時間に作った造形作品だろうか。公園で必死に作った「どろだんご」だろうか。

クレイセラピーで使用する粘土は粉状のもので、汚染されていない地層から掘り出し、天日干しをしたものになる。火山の噴火から始まり溶岩、火成岩となり、長い年月をかけた旅の末たどり着いて堆積された岩の地層の中に存在する。天然石の鉱山の近くにあり、クレイの中にはそれを含むものもある。

 

オースラリアの原住民アボリジニの人々はクレイを使い、文字を身体に書き、意思の疎通を行なったそうだ。神聖な儀式にはクレイを使った文字や絵を利用していた民族は他にも世界各国にあるという。

ミイラづくりや、日焼け止めにも使われ、神聖でありながらも合理的なものであったことがうかがえる。

 

またクレイは農業や土を肥やすためにも有用で、多くのミネラルを含んだクレイはいい土を作っている。保水力は非常に強く、植物、虫やミミズ、モグラにとってもそして私たち人間にとっても大きな役割を持っている。


水と交われば保水されペーストとなり、穴を崩さず掘ることができる。植物の根が水を吸うことができるのもこれを利用したものである。工事現場ではクレイを穴に流し、掘るときに崩れないようサポートする役割を担っている。

主成分はケイ素である。そのため、クレイは私たち人間には欠かせないたんぱく質を作るためにも大きく作用している。美容や瘢痕形成にも有望といわれている。細胞の働きにか欠かせないミネラルの交換作用もあるので人間の恒常性を保つ働きも期待できる。

身体の中のたった6%のミネラルは私たちの健康維持には欠かせないものだ。

クレイの働きにプラスイオンを吸着する作用があり、この作用をうまく利用し、重金属を身体から排出させるデトックスを求める人も多い。

そしてもちろんクレイは人の心をも癒す。泥んこ遊びがどんなに楽しかったことか、もうお忘れだろうか。ペーストを塗った時の気持ち良さを多くの人に体感してもらいたい。気持ちの良さはドーパミンを生みだし幸せホルモンを放出するそうだ。

 

クレイセラピーを土の中の微生物やクレイの構造、エネルギー的な作用などをホリスティックにとらえ、免疫を上げ、健康を維持するのに役立てられたならどんなに素晴らしいだろう。


 

動物がクレイを身体に塗り付けケガを癒す様子や鳥がクレイを摂取し毒のある木の実を食す様子は、今も自然界では当たり前のように存在する。土を使うことは当たり前なのだ。

しかし人はどうだろう。多くの人に土を、もう一度感じてもらいたい。体感し、地球や環境についてもう一度見直してもらえたらと切に願う。  

関連記事