文字サイズ

生活

生活の相談やコラム、ニュースなど旬な話題や情報をお届けします。生活に関連した無料相談も受付中です!専門のアドバイザーがお答えします。

  • コラムサムネ

    しつけ

    2018.02.06

    、私がこうやってコラムを書けているのは、社会、学校、親などによる教育のおかげである。もちろん知識面だけではなく精神面でもだ。時には教わることだけでなく自発的に何かを学ぶこともある。しかし、いくら教わっても指摘されても直せない時もある。上司から部下へ、先生から生徒へ、親から子へと人間から人間へ、言葉が通じる同士の教育でも中々上手くいかない。それが言葉の通じない同士だったら余計に難しい。それに関して言えば、犬と人間はまあよくやっていけてるなと思う。犬が人間の言うことを聞くのは彼らが飼い主のことを「群のリーダー」と思っているからだ。そこまでは犬の生態を考えればわかる。ただ犬がなぜ我々が思う以上に人間を愛し、寄り添い、時に慰めてくれるのか。科学的に詳しくはまだ分かっていない。しかし犬には確実に人間を慰める力があるのだ。


    癒しのプロ、セラピードッグ

    ドッグセラピーという言葉が近頃認知され始めている。ドッグセラピーとは動物を使った治療方法であるアニマルセラピーの一種で、高度に訓練された「セラピードッグ」を用いることにより、高齢者や認知症、自閉症など様々な障害を持つ人々に対し、心や身体のリハビリテーションを目的としたものである。人間が犬と触れ合うことによって精神的、情緒的安定や運動機能回復効果などが期待できる。しかし、一般人を癒すことならペットの犬でもできるだろうが、精神的、肉体的に障害を持った人を対象にするのであれば、特殊な訓練を受けたセラピードッグによるドッグセラピーが必要となる

    そんな中、一般的なペットのしつけを始めとし、ドッグセラピーまでを扱っているのがウィジードッグクラブである。ウィジードッグクラブのトレーナー全員が、ドッグトレーナー・ドッグセラピストの養成学校である「Japan Dog Academy」の卒業生であり、特殊な訓練を積んでおり、正式なライセンスも所有している。ウィジードッグクラブではサービス内容として、一般的なしつけ、ドッグダンス、愛犬の健康相談などがあるが、今回は介護・福祉施設や幼稚園・小学校または個人に向けて提供しているドッグセラピーに注目したい。


    様々な人のニーズに応えるドッグセラピー

    ウィジードッグクラブでのドッグセラピーには3つの種類がある。

    動物介在活動 (AAA=Animal Assisted Activity)
    対象者は主に健常者で、約20~50名の大人数プログラム。目的は動物が側にいる環境で癒しを与えること。内容はふれあいやレクレーションなど。

    動物介在療法 (AAT=Animal Assisted Therapy)
    対象者は認知症、身体障がい者、パーキンソン病などの方で、1~5名程度の少人数プログラム。目的は対象者のニーズを把握し、個々の改善目標を定め実行。内容は感覚刺激、空間認識、発語など。

    動物介在教育 (AAE=Animal Assisted Education)
    対象者は幼児~小学生までの子供で530名程度。目的は動物との接し方を教える事で、命の大切さ、他者への思いやり、コミュニケーション能力の向上である。内容はレクレーションや犬のお世話。


    ドッグセラピーの効果として、笑顔が増えたり言葉を発する機会が増えたり、そして他の対象者に話しかけるなどの、社会性の向上がある。その他には、先ほども述べたが、精神的、情緒的安定や血圧が10%ほど下がることも期待できる。自分自身の役割を認識し、その役割に対しての行動が見られるので、運動機能回復効果が得られたり、他人を思いやる言動が増えたりもする。

    高齢者にとっては「記憶力、認知症の改善」、障害を持つ方には「自立」、健常者には「精神的安定」、子供には「社会的教育」とドッグセラピーの効果は大きいのである。

    人間には心を開かない人も犬になら心を開くかもしれない。我々が犬に心を開いたとき、彼らも我々に心を開くであろう。そして言葉は通じずとも、様々な感情を酌み交わすのである。我々人間は彼らの「群のリーダー」なんかではない。長い生命の歴史を一緒に歩んできた最良の友人なのである。

  • コラムサムネ

    掃除・洗濯・家事

    2018.01.26

     
    「吸う人も吸わない人も心地良い世の中へ」なんていう謳い文句を最近耳にするが、果たして実際のところはどうなのか。現に、あらゆる市や区が路上喫煙禁止の運動をしたり、レストランなどの飲食店、オフィスなどでも分煙が当たり前になってきている。しかし、いくら分煙したところで喫煙者と非喫煙者の間に壁一枚を隔てただけでは非喫煙者からの苦情は絶えないのである。完全分煙されてる喫煙所の前の廊下やコンビニの喫煙所、やはり煙が漏れて、非喫煙者にとっては不快である。一方で、喫煙者の方はというと、急に始まった禁煙運動や分煙運動によって雲くらい大きい煙でいっぱいの小さな喫煙所にすし詰めにされ、せかせかとタバコを吸っている。吸う人、吸わない人、どちらに対しても、まだ心地の良い世の中にはなっていない。
     
     
     そんな中、喫煙室や分煙について運動している組織がM&I CONSULTING TEAMの受動喫煙防止隊である。2013年に厚生労働省受託事業として受動喫煙防止対策への技術支援を始めて以来、職場での「喫煙所の周りが臭う」や「喫煙室のドア付近が汚い」などの声に立ち上がってきた。今までの支援実績は300事業所までにもなり、日本では唯一無二の受動喫煙防止に特化した空気環境のコンサルとして活動してきた。


    調査から改善まで
     
     彼ら受動喫煙防止隊がすることは、喫煙室内部だけではなく、ドア付近の境界線やその付近などを測定器で気流や浮遊粉塵などを測り、喫煙室内部への気流が確保されているかとドアから煙や臭気が漏れていないかを確かめる、様々な専門器具で喫煙室付近の環境を細かく測定することである。

    デジタル粉塵計
    喫煙室及び周辺の浮遊粉塵量を測定する機械。喫煙室外でこの数値が高いと、非喫煙者への受動喫煙が懸念される。

    Co,Co2計
    一酸化炭素と二酸化炭素の濃度を測定する機械。
    Coはタバコ煙、喫煙者の呼気から排出され、この数値の上昇は、深刻な健康被害をもたらす。

    風速計
    喫煙室スペースの換気状況を測定する機械。気流が弱いと執務エリアに煙などが漏れる恐れがある。

    臭気計
    タバコによる臭気を数値化する機械

    温湿度計
    粉塵の浮遊状態や臭気は温度や湿度といった空気環境に左右されるため、喫煙室付近の温湿度を測定



    これら5つの器具によって喫煙室内及びその付近の環境状態が専門家により測定され、測定データは健康管理、人事総務などの担当部署に回され、問題点の抽出や改善のアプローチを探るのである。その結果、導き出された改善策を元に、喫煙室の改善や、換気設備等の設置まで手伝っている。測定実務から提言、そして改修までワンストップで手がけているのは、日本で唯一、チームM&Iだけである。

  • コラムサムネ

    しつけ

    2018.01.26

     今ではすっかり人間社会に溶け込み、家族の一員とまで見なされている犬だが、犬と人間との長い絆の歴史の始まりは約40万年前から15万年前の旧石器時代にまで遡ると言われている。元々犬の祖先であるオオカミがどの時点で犬へと進化したかは詳しくは分かっていないが、少なくとも 約1万2000年前~3万5000年前の遺跡においては、人間の居住跡や洞窟の中から犬の骨が見つかったり、人間と一緒に墓に埋葬されているのが発見されているため、この時期までにはオオカミは犬へと進化し、人間と共に生活し始めたことが伺える。

     元々、犬とは人間が狩りにいく時にパートナーとして連れていくため家畜として飼われていた。そのため、朝昼晩と生活を共にし徐々に犬の存在は人間にとって家畜から仲間へと変わっていった。
     
     犬を家畜、言い換えれば、飼育することは今ではドッグトレーナーという仕事として世界で認知されている。ドッグトレーナーとは飼い主から依頼を受け、犬にトイレ、散歩、留守番などのしつけをし、犬が人間社会で、人間と楽しく暮らせるようにする仕事である。子犬ならば、トイレ、食事、散歩などの基本的なしつけをし、成犬ならば、どんな問題を抱えているかを判断し、改善策を見つけ教育する。またトレーナーは、トレーニングが終わった後も飼い主が犬とその後上手くやっていけるようにアドバイスもするのである。このようにドッグトレーナーは自分で「犬をしつけること」と、「飼い主が上手に犬をしつけることができるようにアドバイスすること」この2つの役割を持っている。
     
     さて、それではドッグトレーナーになるにはどうしたら良いのか。現時点では、一般的な、飼い主からの依頼を受託するようなドッグトレーナーになるには必ずしも資格が必要というわけではない。しかし、家族の一員である犬を預ける飼い主側の気持ちを考えれば、資格を持っていた方が、仕事に信頼性が増し、依頼も多いであろう。一方で、警察犬や盲導犬といった、いわゆる使役犬に対して特殊な訓練をする、専門性の高いドッグトレーナーは「日本ドッグトレーナー協会」が認める「ドッグトレーナーライセンス」といわれる民間資格や、警察犬の場合であれば「日本警察犬協会」の資格が必要となってくる。
     
     一般的なドッグトレーナーになるには資格は必ずしも必要ではないが、プロとしてドッグトレーナー一本で生計を立てていくのであれば、やはり技術や知識を証明する資格は相当な強みになる。一般的なドッグトレーナーの資格として主に2つ種類がある。まずは、「日本ドッグトレーナー協会」が出す「ドッグトレーナーライセンス」という民間資格である。これにはA級からD級までがあり、A級にいくにつれ難易度も上がり、かつ、資格としての強さも増す。ドックトレーナーライセンスを取得するには、協会の認定校である「ドックトレーナーカレッジ(東京都港区)」で学ぶ必要がある。しかし、D級のみ通信教育でも取得することが可能であるが、通信教育の場合、犬に関する知識を教材やDVDを見て学ぶため、犬を実際に訓練する体験ができないのがデメリットである。実践的な教育を受けたい場合は、学校に通う必要がある。そして、もう一つ世界基準の「CPDT」という資格がある。日本ペットドックトレーナーズ協会(CCPDT)が認定する「CPDT」は日本で唯一の世界基準のドックトレーナーの資格である。取得方法として、資格試験を受けるためには300時間以上のドックトレーニング経験を積むとともに、獣医、お客様、他のドックトレーナーからの推薦状を提出する必要がある。
     
     給料面では、平均、月18万~25万円程度、年収では約300万~400万円程度である。地域や企業の方針によって平均より低い場合もある。ただし、ドッグトレーナーは独立しやすい職業であり、今、ペットブームは堅調に推移していて、今後市場が拡大すれば、ドッグトレーナーの待遇もより良くなるかもしれない。
     
     最後に、ドッグトレーナーは知識や資格だけではなく、精神的な強さも求められる職業である。ドッグトレーナーは一日の大半を犬と過ごし、また、多種多様な犬種とも関わるため、どの犬に対しても平等に接しなければならない。そして時には厳しく接することも必要になってくる。
     
     犬とは、この長い人類の歴史の中で、歩みを共にしてきた旧友である。種別が違えども、言葉が通じなくとも、お互いの感情を分かりあっているのである。人間社会が急激に変化し、進化していく中、イヌがはみ出さないようにヒトが助け、また時には、イヌがヒトを助け、肩を寄せ合い、ここから続く長い生命の歴史を歩んで行けばいいのではないだろうか。

  • 新着相談

    「生活」カテゴリで

    積極的に活動しているアドバイザー

    生活・趣味

    アドバイザー登録数:
    117
    無料相談件数:
    277
    コラム登録件数:
    163
    おすすめアドバイザー
    • アドバイザーアイコン

      ニュージーランド紅茶の輸入・販売の専門家

      • 輸入